HOME > その他取扱保険サービス > がん保険

その他取扱保険サービス

がん保険

がん保険とは

がん保険とは、癌になったときに給付金や入院、手術の費用に備えるためのものです。
癌は、通常の医療保険でも保障されますが、入退院を繰り返すことが多いことや入院が長期にわたるケースや公的な健康保険が適用されない先進医療による治療をするケースもあります。
癌の治療法も多様化してきています。代表的な治療法として、手術、化学療法、放射線治療があります。
以前は不治の病と恐れられた癌も、最近の医療技術の進歩によって、治療成績は向上しております。
各社とも医療技術の進歩に対応したがん保険を販売してきています。
保険期間で2つのタイプ(終身型と定期型)があります。


先進医療について

先進医療とは医療技術発展・出現と患者ニーズの多様化等に対応するために、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養・その他の療養のことで、一般の健康保険医療との違いは
・技術、治癒効果が高い
・受けられる病院が限られている
・入院や診断など保険給付分以外の先進医療の治療費を自己負担しなければならない
などがあげられます。
がんの治療に使われる先進医療には重粒子線治療や陽子線治療などがあります。


保険に関するご相談からお見積りまでお気軽にお問い合わせ下さい。

ウイック保険サービスでは、当社ウェブサイトをご覧のお客様から、
オンラインでのお問合せ・お見積りを承っております。
当社専門のコンサルタントが誠意を持って対応させていただきますので、
どうぞお気軽にお問い合せください。

無料保険相談サービス

利用者のお声をまとめてみました


PAGE TOP

WEB無料相談 お申し込み